カテゴリ:紀行( 5 )

フランスへの旅
「じっくり旅する麗しのフランス10日間」JTB旅物語に参加して・・・ 6月12日~21日 
まずは、南フランスニースから~
シミエ地区にあるシャガール美術館を訪ねる
a0120856_126354.jpg

音楽ホールのステンドグラス
a0120856_1274427.jpg

コート・ダジュールの光に魅せられたシャガールは、1947年以来97歳で没するまでこの地で暮らす。
旧約聖書の「創世記」「出エジプト記」「雅歌」から着想を得た17点の「聖書のメッセージ」が並べられ、
色鮮やかな赤、青、黄、緑、紫色の余韻が響き合ってシャガールの世界を満喫させてくれた。
「人間の創造」
a0120856_12101720.jpg

「楽園を追放されるアダムとエバ」
a0120856_1211327.jpg

「アブラハムと三人の天使」
a0120856_12132014.jpg

「雅歌」
a0120856_1214298.jpg

作品のお話を聴いて鑑賞する子供たち
a0120856_12151327.jpg

ショップを覗いてみると
a0120856_17383891.jpg

a0120856_17393755.jpg

光が揺らめくような明るい色彩のタピストリー
a0120856_17441065.jpg

庭にはラベンダーの花が香り、南仏の風景を楽しませてくれる
a0120856_17495243.jpg

このシミエ地区にはマチス美術館もすぐ近くに見えるのに鑑賞できず残念・・・
a0120856_151018.jpg

街中にある斬新なニース近代・現代美術館 顔の建物は事務所とか・・どこから見ても面白い
a0120856_15152544.jpg

プロムナード・サングレ(イギリス人の散歩道)を歩いて ビーチで楽しむ人たち
a0120856_1630163.jpg

海岸沿いにはヤシの街路樹やホテル「ネグレスコ」など・・・
a0120856_16305366.jpg

ネグレスコホテルをスケッチしてみた
a0120856_16322620.jpg

[PR]
by 1688m | 2014-07-03 12:29 | 紀行

2013年夏の思い出 松本
松本美術館周辺は「水玉模様」・・・さすが草間弥生さんの地
a0120856_1774634.jpg


まつもと市民芸術館で小澤征爾のオペラフェスティヴァルへ
a0120856_17143711.jpg


大正池ホテルに泊まり上高地散策
a0120856_1719410.jpg

[PR]
by 1688m | 2013-11-12 17:20 | 紀行

秋の石橋文化センターみゅーず旅行
058.gif一度行きたかった金沢21世紀美術館へ

a0120856_1428266.jpg

   「スイミング・プール」
a0120856_14224448.jpg

     「雲を測る男」
a0120856_14242590.jpg

      「加賀友禅の空間~市民ギャラリー」
a0120856_14251390.jpg

      「カラー・アクティヴィティ・ハウス」

金沢兼六園の雪つり
a0120856_15172238.jpg


福光美術館(富山県)でレクチャー 「棟方志功」の作品など鑑賞
a0120856_15253825.jpg


世界遺産「五箇山合掌造り」へ(富山県)
 車窓からの風景
a0120856_15325852.jpg

五箇山合掌の里
a0120856_15351934.jpg

a0120856_1536084.jpg


千里が浜渚ドライブウエイからの日本海
a0120856_15412398.jpg


和倉温泉で素晴らしい日の出を迎える
a0120856_15441990.jpg


加賀屋館内は美術館
a0120856_16553988.jpg

[PR]
by 1688m | 2013-11-12 15:45 | 紀行

オペラ&美術鑑賞の旅2009・2
a0120856_17305368.jpg高校の同窓会誌「斜光14号」に投稿(10月発行) してた~風の便り~から
 
                                         
060.gif 今年のオペラ旅行は、ロンドンのロイヤルオペラ劇場(右写真)から始まった。ヴェルディの「リゴレット」、タイトルロールは映像でよく観た「L・ヌッチ」で、70歳過ぎての息の長さと熱演に拍手が鳴り止まず感動ものであった。もう一つ嬉しかったのは、五つ入った美術館が全部無料だったこと!ロンドン在住の日本人ガイドさんいわく「全部私たちの税金です」と。日本であれだけ見たらいくらかかるかしら?と感謝しながらロンドンをあとにした。
a0120856_17324125.jpg
072.gif ユーロスターでベルギーのブリュッセルへ。美しいグランプラス近くにあるモネ劇場(造幣局跡)は念願の一つだった。”芸術の保護者ベルギー”と題するホールの天井画(左写真)や現代美術巨匠による内装も素晴らしく、劇場そのものが美術館である。大野和士さんが2008年まで音楽監督をされて、楽団のなかにも数人の日本人を見かけた。幸い2列目の席で、目があったので挨拶して親しみを感じた。演目はは「カリスト」、木星の第4星の名前。ギリシャ神話に基づく物語を、古楽器やカウンターテナーなどで上演され今まで見たことのない舞台。天井、床、両壁から出入りする斬新だが何とも美しい響きが心に残るバロックオペラだった。
a0120856_065735.jpg
このフランダース地方で見たかったのが、ゲントの聖バーフ大聖堂にあるファン・エイク兄弟の手による祭
壇画「神秘の子羊」、26枚の絵を食い入るように見てその緻密な筆に感嘆。併せてアントワープにあるルーベンスの「キリストの昇架&降架」など、大聖堂での鑑賞も心安らぐひとときでした。オペラはチャイコフスキーの「マゼッパ」、音楽は優美だが演出の象徴が難解だった。オランダでは美術館はたっぷりと「ゴッホ特別展」など沢山の作品に出会えた。近代的なミュージックシアターでのオペラ「清教徒」も良かったが、音響を誇る「ロイヤルコンセルトヘボウ劇場」(右写真)での演奏は素晴らしかった。最後は皆、後列の人は椅子の上に立ち上がって拍手しているのに熱いものを感じて帰ってきました。

Moreゲントにある祭壇画
[PR]
by 1688m | 2009-09-23 17:32 | 紀行

画像UP練習
神楽女湖の花菖蒲
  a0120856_10573288.jpg朝早く6時半頃、小鳥のさえずりとカメラマン達と柔らかな朝日、そんな中で気品ある花菖蒲と触れ合って
語らうひとときでした。 
                  金隣湖に映る a0120856_11135825.jpg


  a0120856_11462291.jpg 堂女木湖で生まれた雛たち
近くの堂女木の池でアヒルさんの可愛い雛が23羽も生まれました。親鳥2羽の間をちょろちょろと動き回り可愛いこと!毎朝「おはよう!」と声掛けに行って、日に日に大きくなっていくのが分かります・みんな元気に育って欲しいな~


More 石橋文化センターの花菖蒲
[PR]
by 1688m | 2009-06-15 10:58 | 紀行


秋を彩るコスモス
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを右クリックではつかえません。
以前の記事
リンク集